催眠療法(ヒプノセラピー)について

深いリラクゼーション効果による悩みの軽減や解消

あなたの疲れたココロを癒してみませんか。
ABH,米国催眠療法協会認定ヒプノセラピストの私が、あなたのココロをゆったりとした世界でリラックスさせていきます。

ヒプノセラピーとは、ヒプノーシス(催眠)とセラピー(療法)の合成語で、催眠を道具として潜在意識レベルで人を癒す療法のことです。

催眠は決して怖いものではありません。
催眠状態に入っても「意識」や「判断力」を失うことはないからです。
人間の意識は、顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)に分かれています。顕在意識とは私たちが日頃、自覚できる意識で、意図的な思考や行動を司る役割を担っております。
一方、潜在意識は、自覚できない意識で顕在意識の約9倍の領域があり、顕在意識より強い力を持っています。

催眠状態とは、この顕在意識(意識)と潜在意識(無意識)の境をなくした状態です。しかしながら顕在意識が完全に休んでいるわけではなく活動はしていますが、バランスを低下させているのです。
ですから、催眠状態でも、意識を失ってしまったり、遣りたくないことをやらされてしまったり、言いたくないことを言ってしまったり、というようなことは決してありません。

人が思い悩むのは、この顕在意識の中なのです。
自分は変わりたい、こうしようとか、ああしようとか・・・
でも追い詰められてくると、考える力がなくなり、そしてまた同じことの繰り返しを行っているのです。

問題は潜在意識の中にあるのです。
この中には、あなたが今まで体験したすべての出来事や学んできたすべての知識、そして今までに感じてきたすべての感情が、ぎっしりと詰まっています。

あなたが知らず知らずのうちに作り上げてきた、あなたなりの信念、思考パターン、あなたの身体の働きを制御する機能が詰まっているのです。
あなたが普段している行動や考え方のほとんど全てが、この潜在意識によって制御されているからなのです。
特に嫌な事は、思い出す度に辛く、そして苦しくて日常生活を営んでいくことが難しくなってしまいます。人は皆、思い出したくないことは潜在意識の奥深くに抑圧し、そして忘れ去ってしまいます。意識の中でうごめき、それがトラウマとなって、現在のあなたの生活に邪魔をします。
そのような邪魔者があなたの心を苦しめているのですが、あなたはその原因を抑圧しているため、何故苦しいのかわからず日常生活に支障をきたすようになってしまうのです。

ヒプノセラピーは、この普段全く気付いていない心の深い部分である潜在意識に催眠状態の中でダイレクトに働きかけ、ネガティブな部分を統合し本来の自分にしていく方法なのです。

ヒプノセラピ-は、セラピストとクライアント(お客様)の信頼関係のうえで効果が発揮されます。何故なら催眠主体は、自己催眠だからです。セラピストは、その進行役でしかないからです。

私は、プロセラピストとして、私の全力を注ぎ込むことをお約束します。

私はクライアント(お客様)の秘密を厳守し、どんなことでも真剣に聴きます。誰にも話せなかったようなことでも、まずは私に話してみてください。

スケジュール

2021年09月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

心を解きほぐすカウンセリング

例えば、こんなお悩みでお困りではありませんか?

・仕事に行きたくない ・怒りっぽい性格を直したい 
・不登校が続いている ・夫婦喧嘩が絶えない
・夫のDVで困っている ・家庭内暴力で困っている etc・・・

カウンセリング
  についてもっと詳しく

ヒプノセラピー(催眠療法)
  についてもっと詳しく


セラピスト養成